ecサイト運営担当の仕事内容とは?WEBデザイナーとの違い

WEBデザイナー

「ecサイト運営ってWEBデザイナーとどう違うの?」
そんな疑問について解説していきます。

ECサイトとは

英語でE-Commerce(電子商取引)の頭文字を用いて呼ばれているのがECサイトであり、電子商取引からもわかるようにインターネット上にて物事の販売や購入をする仕組みの事を指します。

ECサイトはインターネットにてウェブサイトを公開し、お客様に利用してもらう事で売買が成立する仕組みなので、ウェブサイトを手がける事に特化しているWEBデザイナーと近いものの、クライアントなどの要望に応じてプロならではの知識とノウハウ、技術を駆使してデザインを提案しウェブサイト上に落とし込んでいく事に注力するWEBデザイナーとECサイトの運営には違いがあります。

そのため、業務を行う場はWEB上であるものの、ecサイト運営は実店舗で行う物事の販売のようにお客様に対して商品をアピールする力が求められるのはもちろん、お客様の動向や市場全体の動向についても目を向けて分析をする必要がありますし、過去と現在のみならず未来にまで目を向けた分析と経営をする必要もあります。

ecサイト運営の業務内容

ecサイト運営はウェブサイト上に公開している物事に興味関心を持ってもらって購入してもらう事で利益になるため、安定的かつますます成長させられるようにマーケティングに関するあらゆる知識やノウハウを結集して進めていきます。

こうした違いからecサイト運営は非常に経営や経済について精通している必要があるので、ウェブサイトを手掛けて公開し維持し続けられる能力のみならずビジネス面の知見も不可欠です。

ECサイトの運営に従事している者の仕事内容はウェブサイトを制作する事から始まり、制作する時には手がけるコンセプトを明瞭化したり全体はもとより、細やかな点に至るまでデザインも決めていきます。

ウェブサイトは作成した後は高い頻度で内容を更新していく必要があり、更新をする際には取扱商品に応じて内容を変更するのはもちろん、検索エンジンで検索をした時の検索結果を思慮してアプローチもします。

ecサイト運営ではウェブサイトを手掛ける段階から既に取扱販売する商品が明瞭になっている事例がある一方でまだ決まっていない事例も珍しくなく、まだ決まっていない事例では今後販売する商品について会議などを行います。

取扱販売する商品を定める時にはアクセスしてくれているユーザーの特徴を紐解いて需要がありそうな物事を選定したり、競合している相手の動向を確認して決める事例もあります。

WEBデザイナーとの違い

WEBデザイナーとECサイトの運営を行う者において大きく異なるのは物理的に商品の在庫を有しているかどうかです。

ECサイトの仕事内容の中には今後取扱販売する商品の入荷をしたり、購入してくれた商品を出荷するのと共に現状の在庫確認も行います。

在庫として有している品は多くなり過ぎると得られる利益が小さくなりますが、需要があるのにも関わらず在庫が無くて販売する事ができない時にも利益が生じないため、バランスが良い在庫の状態を維持していくのが大切です。

シビアな在庫管理を円滑にする時に意識すると良いのが販売のデータをじっくりと確認する事であり、今後の需要についてもできるだけ具体的にイメージする事で利益が出やすい在庫状況が維持しやすくなります。

とても需要が高い商品の場合はウェブサイトに掲載しただけでユーザーが自発的に検索し購入してもらえる事もありますが、多くの事例ではウェブサイトに公開するだけではなく積極的にアプローチをする必要がありますし、アプローチをする事で尚一層大勢の人達に買い求めてもらえます。

季節に応じた商品を取扱販売するのなら、通常の販売ページに掲載せずに特設サイトを手掛けて公開すればより注目してもらえるようになる上、それぞれの時期に特化したキャンペーンを行えば多方面から目を向けてもらえるようになるのに加え、定期的にアクセスしお買い物をしてもらいやすくなります。

また、自らのウェブサイトの中だけで特設サイトを公開したりキャンペーンを行うのではなく、利用者数が多い楽天やAmazonなどのポータルサイトなどに広告の掲載を依頼すると突出して多くのユーザーが訪れます。

まとめ:

ウェブサイト上にてテキストや画像、動画などのメディアで情報を届けるWEBデザイナーとは異なりECサイトは物理的に商品を販売するので、これまでに販売した商品を手にしたお客様から寄せられる問い合わせに対応するのも仕事内容の一環です。

商品の選定や購入などは一貫してウェブサイト上にて済ませられるものの、お客様から寄せられた問い合わせに対応するのは電話やメールなどを用いつつ直接的に行われるため、ECサイト自体の印象に直接的に関わります。

他にも、WEBデザイナーと異なるのは運営に際して商品の代金の入金など金銭を取り扱う点も挙げられecサイト運営では入金の確認も大事な業務ですし、金銭を取り扱うからこそウェブサイトはもとより企業の経営に直結します。
このような特性からecサイト運営は情報を分析する能力とお客様に対応する能力、利用しやすいウェブサイトの作成と運営が仕事内容かつ大事な要素です。

コメント

error:Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました