webデザイナーはやめとけと言われる理由を実際にブラック企業とホワイト企業で働いた僕が解説

WEBデザイナー

webデザイナーになりたい人の中には、webデザイナーはやめとけと言われた経験がある人もいるはずです。また、直接言われることがなくても、情報収集の過程でおすすめできないという話を聞いた人は多いでしょう。

これからwebデザイナーを目指す上で後悔をしないためにも、やめとけと言われる理由を知っておくべきです。

ここではWEB制作会社、インハウスのWEBデザイナー、フリーランス(副業)のWEBデザイナーとして働いた筆者がwebデザイナーはやめとけと言われる理由を解説していきます。

webデザイナーはやめとけと言われる理由

理由1 : 労働時間が長い

制作会社勤務のWEBデザイナーの場合、納期に間に合わせなければいけないため、残業が多いです。
特に広告代理店の下請けの制作会社の場合、基本的に納期のコントロールができないのでさらに激務になります。

クライアントありきの商売のため、急なデザインの変更や修正依頼に振り回されたりして残業が多くなりがちです。

理由2 : webデザイナーの人口が多い

10年以上前までは専門的な技術を持っている人が少なく、webデザインの仕事ができる人は重宝されていました。

社会にWEBが浸透したことにより、WEBデザイナーという職種が一般にも認知され、スクールや学習教材も充実し少しずつwebデザイナーの人口が増えていきました。

また、近年の副業ブームやコロナ禍によって在宅での業務を望む人や企業のDX化が進んだことによりさらに希少性が薄くなりました。

個人で活躍する場合、多少知識や技術を持っている程度では就職したり仕事をもらったりすることが難しいです。
本当に能力のある人しか活躍が難しい状況になりつつあるのでやめとけと言われることが多いです。

理由3 : ノーコードでWEBサイトを作れるようになった。

技術の進化によりWEBサイトの知識がない人でも簡単にWEBサイトを作成できるサービスも増えています。
HTMLコーダーしかできない人はいずれは淘汰される可能性が高いので、デザインに特化するかプログラミングに特化するかの選択をしなければなりません。

理由4 : 薄利多売

競争率が高くなる中でWEBデザイナーは薄利多売となりました。

webデザインを完成させるためには時間や労力が必要となりますが、それを労働力に見合わない報酬で引き受ける企業や個人も増えました。

企業や個人が低価格で自分を売り出したことによりWEBデザイン自体の価値が下がっているのも事実です。

理由5 : 独学から目指す場合、実績をつくることが難しい

活躍できるだけのスキルを身につけたり、実績をつくったりすることが難しいことも理由です。

webデザイナーとして働ける企業に就職し、先輩社員の仕事を間近で見ながら学んでいくような場合はスキルを身につけやすいと言えます。

参考書などで学習するだけでなく、職場の人から指導してもらったりアドバイスをもらったりすることができるので、仕事をこなせるだけの力を養うことが可能です。

知識やスキルが身についてきたら、先輩のサポートを受けながら実際に仕事に取りかかることができるので実績をつくることができますし、実績がなくても仕事を回してもらえる可能性があることも多いと言えます。

一方で、独学で勉強しようとしている人はスキルを身につけたり実績をつくったりすることが困難です。参考書では知識を得ることができても実践的な力が身につかなかったり、実際に仕事を受けることができずにいつまでも実績がつくれなかったりすることが多いと言えます。

スキルも実績もなければこの仕事だけで食べていくことは難しく、生計を立てることが困難であることからやめたほうが良いと言われるケースも多いです。

理由6 : つねに最新技術を追わなければならない

WEB業界は進歩が凄まじく次々と新しい技術が出てくるので、常に最新技術を追わなければいけない点もwebデザイナーがおすすめされない理由だと言えます。

デザインができれば仕事をこなせるわけではありません。デザインに加えてHTMLやCSSなどのコーディング、phpやJavaScriptなどのシステム構築能力も求められるようになっています。

webデザインを行うための基本的な知識があり、ツールを使うことができれば良いわけではないです。コーディングやシステム構築まで行える人材が求められており、どんどん新しいことを覚えなければ活躍することが難しいと言えます。

企業で働く場合も幅広い技術を身につけるように指示されるはずですし、フリーランスで活躍する場合は顧客からのニーズに応えるために初めから多彩な能力を身につけておくことになるでしょう。

想像以上に覚えることが多く、基本的な内容を身につけても終わりがないので、おすすめされないことが多いと言えます。

おすすめの働き方

ほとんどの方がやめとけと言うのは制作会社に勤務するWEBデザイナーを指していることが多いです。
筆者もWEBデザイナーの仕事が制作会社しかなかったら確実にやめとけと言っている気がします。
WEBデザイナーには制作会社勤務の他にインハウスのWEBデザイナーという働き方が存在します。

インハウスのwebデザイナーは一言で言うと企業の専属のWEBデザイナーで、本当に同じWEBデザイナーか?と思うほどに業務内容が違い圧倒的に楽です。

そして楽な上に制作会社のWEBデザイナーと比べ給料も安定しています。

詳しくはこちらで解説しています。
制作会社からインハウスのWEBデザイナーに転職して良かったことと悪かったこと

激務が嫌だと思う方はインハウスのWEBデザイナーを目指すことをオススメします。


そしてWEBデザイナーはなって終わりという職業は業務をある程度習得してしまえば、あとはデザインやコーディング、業界のトレンドを追いかけるだけになってしまいます。

そのためWEBデザイナーを足がかりにWEBディレクター、WEBエンジニア、WEBマーケティングなど他の業務に挑戦していく人も多い印象です。
WEBデザイナーとして働いた経験があればこれらの職業への転身は驚くほど簡単です。

WEBデザイナーから転身できる職業についてはこちらで解説しております。

まとめ

独学で学ぶことは大変ですが、スクールを利用すれば幅広い知識をしっかりと学んだり実践的な力を身につけたりすることができますし、フリーランスとして働くことを前提としているスクールを利用すれば料金設定や交渉に関するノウハウも知ることが可能です。

工夫して学んだり仕事を行ったりすれば、満足できる働き方が実現できます。やめておけと言われる原因を知った上で、問題が回避できるような選択をできるようにしておきましょう。

コメント

error:Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました